住宅建築・リフォーム工事トラブル電話相談

住宅建築・リフォーム工事トラブル電話相談

様々なお悩みの中で

住宅工事のトラブルに関する悩みが

大変多くご相談があります。

憧れのマイホームの建設

家を買った!

一生の一度の大きな人生をかけたお買いもの

ご自身の大切なお住まい

より今より快適に過ごすための改築

住宅リフォーム工事

大変残念なことにトラブルに関する

ご相談は数多くなってきました。

とてもご不幸なことに。。。

建築業界に携わっていた経験がありますので

誤解を恐れずに言います。

建築工事のトラブルの原因は

ご契約者であるお客様に問題がある

ケースが大変多いです。

ほとんどの工事契約は

書面を交わしていると思います。

サインをしたのは、お客様ご自身です。

つまりその会社に工事を託し選んだのはお客様ということです。

そのことを前提にまずトラブルを整理する必要があるということです。

これはとても大切です。

契約した動機が建築会社を選んだ基準、決め手となったのが

「営業マンの人柄がよかった」

「金額が安かった」

「知り合いの大工に任せた」

「有名な会社だったから」

このケースに多いように感じます。

建築工事は、想像以上に細かく大勢の人が携わります。

営業マンを決め手にしてもいいでしょう。

ただしその営業マンは工事を直接する人でないことが多いです。

中には職人さん自ら営業されるケースもありますが。

工事の品質と営業マンの営業力は全くの別物と考える必要があります。

金額に関して

以前は、特にリフォーム工事に多かった

いわゆるボッタクリといわれてる悪徳業者

100万円の工事内容が500万円もする高額金額で契約をしてしまったケースです。

回避するために数社から相見積を取ることになります。

ただし、ご安心ください。とほぼ言い切るのは少し危険ですが

ボッタクリ業者は、かなり激減してきました。

情報化社会です。悪い情報はすぐに手に入る時代となりました。

中には風評被害もあるのですが、悪質なボッタクリに関しては

ネット検索ですぐに手に入れることができるようになりました。

どんな業界にも言えることですが、悪い商売は長続き出来ません!

ボッタクリをしていた会社は相当淘汰されていきました。

各建築会社も金額に関しては相当シビアに市場を金額を捉えてるところが多いはずです。

相見積により金額に差があった場合は、工事の内容の差かもしれません。

工事内容・項目が多くなれば当然金額は高くなり、少なくなれば安くなります。

工事日数や材料が少なければ安くなります。材料の質の問題もあります。

これらを考慮しなければいけませんが

見積書を見ただけで内容をすべて把握するのは大変難しいです。

合計金額だけで決めることをせず

何故その金額がかかるのか?その金額で済むことができるのか?

そのあたりをしっかり明確にするべきです。

内装工事では、部屋の中のどの部分をどのように工事をするのか?

それにはどんな材料を使うのか?その材料はどのグレード、質どうなのか?

外壁工事では、どの部分をどのように工事をするのか?

同じく材料のグレード質も確認が必要でしょう。

耐久年数の確認も必要です。

中には細かく質問をすると、めんどくさがる営業もいるでしょう。

酷い時は説明さえできない人もいるでしょう。

その時は、契約を見直していいと思います。

めんどくさがるのは、営業としてご法度です。

きっと工事の内容も雑ではないでしょうか?

真剣な営業マンであれば

細かい説明を求める=お客様が真剣に検討している

と考えるはずです。

より営業も真剣に親身に答えるはず。

それができないのは何かおかしいことがあるのかもしれません。

営業マンは契約を取るのに必死です。

工事ができる会社は星の数ほどあるのですから

同業他社に負けないように必死になります。

営業のこんにちはから始まる入口は当然笑顔でお客様へ

飛び込んできます。

いい感じで来るのは当たり前のことだと思ってください。

いい営業だと感じるのは

工事が終わって

快適な住まいになってから

いい工事だったと

思ってからにしてください。

これらの確認が終わってから契約にしてください。

なかなか工事金額の適正金額がわかりにくい業界です。

住宅は特にリフォームになるとより分かりにくくなります。

残念なことに、満足ができない工事内容のまま

リフォーム工事を済んだ家に住まなければならないとなると

とても辛いことになると思います。

消費者センターに相談をする

おそらく、ほとんどのケースでは

消費者センターの方が電話での口頭で小言を言うことくらいしかできません。

消費者センターには拘束するほどの権利はないのです。

次なる手段は、裁判に委ねることになります。

よほどの詐欺に近い行為以外は契約者が裁判に勝てるケースは少ないようです。

時間もかかります。また費用も掛かります。

弁護士さんに相談しても裁判の方向に行くケースが多いでしょう。

裁判を考える前に、ご相談ください。

わずか1時間の相談で、情報を整理して

何かしらの妥協点や問題収束の傷口を減らす方法があるかもしれません。

実際にアドバイスによりご相談者がご納得できたケースがありました。

新築建築工事、リフォーム工事のトラブルは

着工後に突然起きるのではなく

着工前から兆候があるはずです。

その段階でご相談いただけるのがベストです。

終わる前なら解決方法が

引き渡し後よりも選択肢があります。

契約前に適正な金額なのか?契約をして大丈夫なのか?

不安がありましたら

ぜひ、ご相談ください。

悩み相談所は電話相談は

プロのアドバイザーが行っておりますので

有料です。

ボランティアでは行っておりません。

料金については

トップページから

料金案内をごらんください。

相談料金は掛かりますが
建築業界の裏側を知っていますし
カラクリもわかります。

料金が掛かると言っても

建築トラブルは高額になることが多いです。

事前のトラブルを避けるという意味では
金額は低いと思います。

納得がいく、後悔をしないこと。

これらを求めるのであれば
相談はとても有意義になります。

ぜひ、ご利用ください。


お問い合わせは

TEL03-5901-9909

スマホはタップでお電話できます

もしくはメール

「心を豊かにするコツ」

無料メルマガも配布しています。

メルマガはここ

東京荒川区を拠点に足立、墨田、台東、文京、豊島、北区、板橋の近隣から

都内23区はもちろん、神奈川、千葉、埼玉の方からご相談を承っております。

建築リフォームのトラブルは

専門カウンセラー悩み相談所

コンサルティングアゲイン

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする