人生を二度生きる電話相談カウンセリング

人生相談電話

【たった一度の人生を二度生きる】

実は、ご相談者から頂いた言葉です。カウンセリングをしていた方から「先生!わたし、人生を2度生きているような気がします!」喜びをこのように表現しておられました。

 

とてもいい言葉だと思い

わたし:「そのお言葉、拝借させてもいいですか?」

ご相談者:「もちろん、いいですよ!」

実は、この方は、人生のどん底を感じていられるような状態で電話相談カウンセリングに最後の希望を託して来られました。がけっぷちの状況で、もう後がない。そ先に待っているのは、失望しか感じない世界だと感じられていたようです。

絶望でもう未来を見る権利さえないのか?ここまでおもったこともあるそうです死刑執行を待つようなお気持ちだったのかもしれません。

借金地獄の自己破産の悩みでした

私は、 自己破産 をお勧めしました。お話を聞いていると現状の苦しさの回復は不可能ではなかった。

では、なぜ?自己破産をお勧めしたのかというと回復は、不可能ではありませんが、回復へ使う労力と一度リセットをして再出発したほうが第一線で活躍する早い道筋だと感じたからです。

自己破産をすると制限されるところがあります。今後の生活に多少は支障をきたすところもあります。ただし人生を豊かに生きていくことが制限されることではありません。

私が進めた自己破産方法は、ご相談者は選択したくなかったから電話相談をしてきたのです。

結果を先に言いますとこの方は、今はとても鮮やかな復活を遂げました。

そして、お礼の言葉を頂きました。

「あの時先生に背中を押してもらったからですよ!」

とてもうれしい気持ちになりました。

 

そして冒頭の言葉が続きます。

「人生を2度生きている感じです」

幸せを感じている表現です。

 

決断とその後の計画がしっかり明確になっていれば、今の苦しみに耐える力やもがき苦しみながらも、強い心が共にあれば挫折が次の成功へ大きなパワーを生むこともあるのです。

法に反さない範囲であればチャンスは必ず生まれます。

人生相談電話相談カウンセリングへ

たくさんの方から人生相談の電話相談をお受けしています。この方も最初の問い合わせのきっかけはネットの検索から当サイトにこられました。

この方の場合、電話相談カウンセリングを合計3回頂きました

1度目は現状の状態を完全には受け止めきれていない心理でありました。

2回目受け止めきつつありました。

3回目受け止め、今後の身の振り方をアドバイスしました。

1時間の電話相談カウンセリングで解決迎える方もいれば、数回必要な方もいます。状況や受け止める覚悟の時間が必要な時もあります。ただ言えることは、たった一度のネット検索、電話を掛けた。たったこれだけのことで人生が大きく変わったという事実です。

たった一本の電話から人生を豊かにできた。あの時電話をしていなければもっとダメージが増えていたかもしれません。タイミング的にはギリギリだったかもしれません。電話カウンセリングを受けてよかったと言って頂きました。このようなアドバイスがもっと多くの方にご案内していければと思います。

誤解ないようにお伝えします。どなたにでも、リセットすることをお勧めするわけではありません。この方には、それがいいのではと分析したうえでのご提案です。人それぞれ解決方法は違いますので、例としてお考えください。

 

電話カウンセリングはここからTEL