悩み相談電話カウンセリング 悩みが解決できないのは考え方の問題

悩み相談電話カウンセリング

悩み相談電話カウンセリング 悩みが解決できないのは、考え方に問題がある

【Youtube】にて悩み相談電話カウンセリングの内容をご紹介しています。

悩み相談電話カウンセリングは下記番号をタップ!悩み相談所の各種をご覧になるにはトップページへ


悩み相談所悩み相談電話カウンセリングを行っています。

悩み相談所悩み相談電話カウンセリングプロカウンセラーが対応しています。

 

悩み相談所悩み相談電話カウンセリングをお受けしたからには、ご相談者の悩み解決へ向けてアドバイスをするべきことに特化して対応しております。

ご相談者の中には、悩み相談電話カウンセリングに大きな勘違いをしている方がいますので、ここで、悩み解決についてご説明しておきます。

悩みを持つというのはつらいです。助けてほしい。

そんな思いから悩み相談電話カウンセリングを受ける動機となると思います。

 

例えば、パワハラを受けていて、悩んでいるとします。

パワハラをする上司が酷い、悪だ!と思っていて、「酷いと思いませんか?」

と尋ねられたら、上司が悪いと思います。特に現在はパワハラに対する意識は非常に敏感になっていますから。世間的に見たら、パワハラをされた人が悪いと犯人を断定することができます。

これに対応するのであれば、それなりの機関なり、第三者に訴えれば、パワハラを収めることはできると思います。

パワハラをした上司が干されるなり、何かしらの処罰を受ければ、解決となるでしょう。

しかし、これは、パワハラだけが解決したことであって、人間関係が新たによくなったわけではないと思います。

 

いじめを受けていると同じで、いじめを受ける側にも何かしらの問題があるのかもしれない。問題を他人など第三者にゆだねて解決できたとしても、その人自体は何も変わっていません。仮に学校を転校しても、いじめをされやすい種があれば、新しい学校でもされるかもしれない。

人生、生きていて何をもって正解とするかは非常に判断が難しいものです。いじめをされる傾向がある方に、新しい環境では、いじめをされなかったとすれば、周りの配慮や優しさ、寛大な心があれば、起きないのかもしれない。ただ、これでは、自分で幸せを創ったのではなく、周りの配慮や支えがあって、幸せが起きたとは言えないでしょうか?

自分で幸せに出来ない。人生を生きていく中で、躓きやすいものだと思います。いじめで言えば、いじめられない人になることが、大切であり、そうならないために自分が何をすればいいのか、状況判断を的確におこなえないと、問題が起きやすい。

空気が読めない人というのは、人間関係を作りにくい空気が読めない自分を変えずに、いい人間関係を築くのはやはり難しいと思います。

悩みがあったら、悩みを自分の力で解決できないことが課題ではないでしょうか?他人のせいにして、自分は悪くない。と考えていても、相手はあなたのために変えてくれる可能性は低いと思います。組織が大きくなれば、なるほど、人数が増えるわけです。人数が増えれば、いろいろな考えやそれぞれの都合があります。

自分に合わせてくれることが少なくなるのが世の中であると思います。世の中に、社会に順応出来ない自分にも問題があるのではないか?こう考えるのはとても大切であると思います。

悩み相談所悩み相談電話カウンセリングは、悩みを解決すると同時に、悩みが解決できる人へ促すことを目的としています。

自分の目線で言えば、誰が悪い、正しいという基準はできるかと思いますが、それが世間の流れと一致しているかどうかとは全く別問題です。

ご相談者に対して、下手な共感は、悩み解決へ妨げになってしまうこともあります。何かしらの自分に非があるのに、パラ腹をした人が悪いと考えるのは、社会的に見るのと、人間関係向上とでは全く別問題になるものです。

自分都合だけしか見ない、自分の目線でしか対処しないとなると、ほんとの解決にはならないものです。

悩み相談所悩み相談電話カウンセリングは、問題の本質をとらえ、根底から解決、直すことを大切に悩み相談電話カウンセリングを行っています。

 

悩み解決には自分の成長がベストな方法

以前、悩み相談電話カウンセリングにパワハラに悩んでいたり、職場のいじめを受けていたからご相談を受けたことは何度もあります。

悩み相談所悩み相談電話カウンセリングは、上辺だけを見て、対応、アドバイスは絶対に行いません

いじめを受けたならば、訴えて対処するところは、公の機関にたくさんありますから、そこのゆだねればいいだけのことです。実際、公の機関に相談をして、現場に介入をしてもらって、騒動が収まった方がいました。パワハラやいじめは収まったのですが、それ以降、全く仕事を含め、まともの対応してくれる人がいなくなって、悩み相談電話カウンセリングを受けてきた方がいます。

この方の場合、悩み相談電話カウンセリングを受けていて、感じたのですが、自分がうまくいかないのは、誰のせいと犯人だけはしっかり定まっています。ひどいことばかりして、酷い人間でしょ?というような話で、カウンセラーに共感を求めてきてばかりでした。自分から見た視線でしか、物事を判断していないから、状況を的確に見えていないのです。

自分が見た世界がすべて正しい、この考えがあるうちは、悩み解決はできないし、どこに行っても悩みができやすい人です。

自分中心でしか物事を見ていないからです。

自分都合でしか、状況判断をできていないからです。

悩み相談電話カウンセリングを受けていて、その意識の強さは節々に強く感じていました。

 

この悩み相談電話カウンセリングの解決は、非常に困難でした。

この方の仕事のやり方、言動には、自分都合が非常に濃いものでしたし、さらに頑固、自分のポリシーに自信を持ちすぎていましたから、おそらく、周りの方は辟易としていたのではないでしょうか?簡単に言うと扱いづらい人

言って、素直に行動に移してくれなかったから、圧力をかけて、強めの言葉を言ったのではないかと思います。それに対して、ムッとしながら、やる気が乗らないまま仕事をする、当然失敗ミスが起きやすくなります。ミスに対して、上司は怒る。それが日常化して、エスカレートし言動が強くなっていったのではないかと思います。

それがやがて、パワハラとご相談者は感じるようになった。

事件性で考えれば、人の感情論は度外視して、起きた事件だけを見て解決しようとします。結果的にどんな経緯があろうとも、パワハラをしたほうが悪いと判定されるのが今の世の中の仕組みです。

周りの方から見れば、過去の経緯から怒られるのは、怒られる側に問題があるとわかっていますが、当の本人はそのことに全く気付いていない。自分は被害者。加害者が悪いと正義の判断をされたとご相談者は解釈をした。

それによって、第三者が介入しパワハラが認定されて、解決になったのですが、残された周りの人の印象は、パワハラと認定されてしまった、上司がかわいそう。と思ったり、また、敵にすると面倒な人だとご相談者への意識を持ったのではないかと思います。

そうなれば、自分の身を守ろうと思い、距離を開けたくなるのは、仕方ないかと思います。

事件として見れば、ご相談者の対応は間違いないのかもしれません。ただ、人間関係の構築、考え方に問題なかったのでしょうか?

ご相談者に対する怖さを知ってしまった、周りの方に、仲良くしましょうなんて、学校のような対応は、会社の中ではしてくれません。人間関係を作る、修正する。これは、立派な社会の中で生きていくスキル、技術だと思います。

ある意味、スキルを上げるという思考は一切持たずに、自分が楽に過ごさせてくれない会社が悪いと考えたのがそもそものまちがいだったのではないでしょうか?と悩み相談電話カウンセリングではアドバイスをしました。

タイミングを間違えた。対応を間違えると命取りに

もし、第三者に訴える前に、悩み相談電話カウンセリングをしていただいたとすれば、同様なアドバイスをしています。訴える前に自力で解決できること考えるべきでした。このタイミングであれば、自分の考え方を変えたり、人間関係に対する技術を上げたりすれば、穏便に解決し、ご相談者への印象が、好印象に変わり、いい人間関係が気づき、さらに仕事の成果も上がり、給与や収入、役職が上がるなどプラスアルファの効果もあったかと思います。

しかし、もう事件となってしまって、強制的に第三者から下された結果の後では、覆すことのできない事実がしっかり残っています。

ここから、鮮やかな悩み解決は、かなり難しいと思います。

訴える前ならば、100点満点の解決策はあったのですが、もう100点にはなりません。90、80点といったレベルを落としての答えを探すとなります。世の中には自分都合だけで動いているのではなく、世の中に自分がいると考えた方がよいことが多いです。

状況的に、進んでしまうと、どうにもならないこともあります。それでも、絶対に0点にはしてはいけない。最低でも50点を目指す、結果を出していく方法を考えていかないといけません。

もう理想通りにならないんだ。じゃあ、もういいや。

なんて、考える人に幸せは起きずらいです。完璧になることが少ないのが世の中なのですから。今できる中でベストな方法を模索する。過去のは戻れないのですから。常に今のベストはどんなことが、考えていくこと、工夫をして努力をして、変えていくことをコツコツとする人には道は切り開かれます。

楽をしようとする、近道を求めて解決しようとする人は厄介に

悩み相談電話カウンセリングに対応して、苦戦するのは、楽して解決しようとする人。簡単に早く解決しようとする人。

はっきり言えば、そんな考えが通用する世の中ではないのですから、それでも、それを求めてくる人は、解決が非常に難しい、困難になります。

人の意識、感情、印象。これらを甘くなめていると大けがを必ずします!

某大学のスポーツ部の暴力問題が今はニュースを騒がしています。

本日現在では、真相はすべて明らかになってはいませんので、断定はできないのですが、今ある情報だけで判断すると、最初の対応を監督、大学は完全に間違っていました。表に出ない、謝らない。ということでした。

いまは、逃げ得なんて、させてくれない。そんな甘いマスコミではないです。表に出た以上、もう初期対応はすごく大切な時代なのですが、甘く見ていたのでしょう。なめていたのかもしれない。後手を踏んで、結局、逃げ続ける、ごまかし続けることで、世間の目がより厳しくなり、必要以上にすべてを奪われようとされている流れになってしまいました。

表に出ない、黙っている。ある意味、一番楽な方法を選択し、騒動の沈着を待っていたのでしょう。もうそんな世の中ではないのですけれどね。そもそもの考え方が間違っていたのです。権力をもって、相手を牛耳る。それを当たり前に考えていたのではないか?と思うのです。それ自体がいけない、間違っているといつからか人としての当たり前に感じていなければいけない思考を完全に忘れてしまったのでしょう。

間違った考え方からは、当然間違った選択をするものです。

それを見て、世間はさらに納得しない、潔さを感じない。わかるまで、徹底的に必要以上のことまであぶりだされて、監督の座だけでなく、大学の在り方、組織、運営。全部を否定されようとしています。

もう、こうなった以上、世間の目は非常に厳しい目となりましたから、おそらく、すべてを奪われた解決しかないのかなと思います。もし、少しでも現状の問題を残したままにすれば、受験する人はいなくなるかもしれない。そうなれば、運営できなくなる。

もう二つの選択肢は残せないのではないかと思います。今の地位を残せば、未来の崩壊。未来をとれば、今をすべて捨てる。どちらかしかないのではないかなと思います。

ある意味、究極の選択を迫られるのですが、すべては、現実を受け入れず、世間を甘く見ていた初期対応が間違ったから、行くところまで行ってしまったのではないかと思います。

悩み相談電話カウンセリングに対応していて、実にこの大学問題の経緯やり方は、たとえ、比較として、すごくカウンセラーには役立っています。

考え方の間違いが、みっともない、人に共感されない、発言となる。事実がどうのこうのではなく、そもそもの権力に胡坐をかいけていことに気づいていないと、愚かな結果、行動を簡単にしてしまうということです。

 

悩み解決には正しき状況判断があってこそ

悩み相談電話カウンセリングでは、悩みができた原因を大切にしています。

そもそもの原因をわかっていないと、上辺だけで対応してもどうにもならない。むしろ逆効果になることが多いのです。

某大学も恐らく弁護士からのアドバイスを受けての対応だったと思います。

弁護士としては刑事事件になった時に不利にならないように発言には十分気を付けるようアドバイスされたと思います。でもこれは、解決ではなく、刑事事件になった時の対応でしかなないです。

起きた流れに対しての今後の被害拡大を防ぐアドバイスでしかなく、ほんとに解決しなければいけないのは、人権を無視した権力に溺れている自分に気づかせることが大切です。

そうでなければ、ほんとの自分にとっても、周りの納得、共感を得られた解決方法は見つかりません。

上辺だけの対応は、必ずと言っていいほど、状況悪化や全く効果を得られなかったり、場合によっては、今だけが一時的に収まっただけで未来に取り返しのつかないことになったりします。

悩み解決に、楽をする。近道、手っ取り早くしようとする。現実を見ないで目先の感情だけを優先したやり方。

すべて、自分をおろかにさせる、より状況悪化させる。これらのことに簡単にしかも、短期間であっさりなってしまうので気を付けてほしいと思います。

悩み相談所悩み相談電話カウンセリングを受けていただければ、もちろん、最悪な結果にならないよう、しっかりエスコートするアドバイスをいたします。

何をもって悩み解決とするか、この考え方がすごく大事です。解決のゴールを浅はかに考えると往々にしてみじめな結果になりやすい。

悩みをなめないでほしいなと思います。甘くとらえないでほしいなと思います。

さっさと解決するよう、まるでインスタントラーメンのようなラクしてさっさと食べられるようなことを求めているうちは、ほんとの美味しい味にたどり着かないようなもの。(あくまでもたとえです。インスタントラーメンもおいしいですからね!)

自分の悩みを浅はかに安っぽく扱う人ほど悩みができやすく、また悩みのレベルそのものが低い。となるもの。

悩み相談電話カウンセリングでたくさんの悩み相談を受けてきて、そう感じています。

 

結局、自分都合、自制心を欠いた行動、考え方。はたから見ればみっともないし、みっともないところから人の共感は得られません。

結局悩みが解決できなく、同じような悩みにいつまでも悩み続けるものです。

しっかりした考えでは、学習能力もありますから、悩みが一つの経験となり、しっかり解決へ向かえる。この経験がのちの成功体験となり、次の悩みはスムーズに解決できるようになる。

悩み相談所悩み相談電話カウンセリングが目指す、ご相談者のアドバイスはこのような形を理想としています。

 

悩み相談所悩み相談電話カウンセリングからたくさんの方が幸せに悩みを解決して、自分の可能性を広げて過ごしています。

人生、状況を変えるには、トライをすることが大切です。

悩み相談所悩み相談電話カウンセリングを受ける。人生をかえるターニングポイントになるかもしれません。

悩み相談電話カウンセリングへ。

お電話お待ちしております。

参考記事

24時間悩み相談電話カウンセリング

24時間人生相談電話カウンセリング

家族悩み相談電話カウンセリング

仕事悩み相談電話カウンセリング

恋愛相談にアクセスが多い記事


電話カウンセリングを受ける戸惑いがある。もっと悩み相談電話カウンセリングについて知りたい方。悩み解決のヒントなどメルマガを無料で配布しています。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

メールマガジンご登録時の個人情報について

1.個人情報の管理について
このページへの登録は任意です。ご登録いただきました個人情報(メールアドレス)は、コンサルティングアゲイングループ情報セキュリティ基本方針及び個人情報保護方針に則り、適正にお取り扱いさせていただきますので、ご安心下さい。

こちらでご登録いただいた個人情報の収集・利用目的は次のとおりです。

・E-mailによる各種サービスのご提案・ご案内をするため
・お客様へのご連絡・お知らせのため
・お客様にご提供するサービスを調査・選択するため

ご登録の個人情報は、「メールマガジンの配信登録・変更・停止」手続きいただき、ご本人様によって自由に閲覧・更新することができます。

原則として、プライバシー情報は開示いたしませんが、日本国の法律に則って要求された場合や当社の権利や財産を保護する目的においては、この限りではありません。その際も、必要最低限のみを公開するよう努力します。

2.外部業者への委託・提供について
外部業者への第三者提供はいたしておりません。
個人情報を使ったメールマガジン配信業務を外部業者に委託する場合には、事前に守秘義務契約を締結し、当社と同等の管理水準となるよう監督いたします。

3.個人情報の保護について
個人情報の送信はSSL暗号化技術【SSL(Secure Sockets Layer)】に対応しています。

4.個人情報の保存について
宛先不明で配信できないメールアドレスは、随時、配信停止または削除する場合があります。

5.個人情報に関するお問い合わせ
メールマガジン登録時の個人情報に関するお問い合わせ窓口は下記の通りです。
〈対応窓口〉
◇コンサルティングアゲイン web事務局
TEL046-211-3087(受付時間:10:00~18:00)



悩み相談電話カウンセリング
電話カウンセリング料金はトップページからご確認ください
トラブル防止のため、必ずカウンセリング料金をご確認の上、お問い合わせください。
初回5分間は、無料にて、悩み相談電話カウンセリングについて疑問質問にお答えします。
お気軽にお問い合わせください。