政治から見る 言葉の力、怖さ 自分の人生に当てはめて考えてみる

仕事悩み相談電話

nayamisoudanjoblog

人生相談電話相談カウンセリング
仕事のスキルキャリアアップに大切な話し方

 

先日の選挙が終わりました。

人生学ぶ場所は、至る所にあります。

 

今回は、政治から学ぶ言葉の力と怖さについてです。

 

悩み相談所は、悩み相談電話相談カウンセリングをおこなっています。

人と話すことをビジネスとしていますから、言葉の力の凄さを感じることもあれば、言葉の怖さを感じることは多々あります。

 

選挙の結果、小池新党は、大惨敗と言っていい結果になりました。

原因はたった一つではないでしょう。

しかし、発言に一つで風向きが大きく変わりました。

どのような意味か、本位にとられたかどうか、恐らく、本人の思惑とは全く違う捉え方を世間はしました。

マスコミの報道の仕方、編集の仕方も偏っていましたので、非常にネガティブな感情を植え付ける結果となりました。

小池東京都知事は、元はキャスター出身の方です。

常に”話す”ということを仕事にしてきた大ベテランの方です。

プロ中のプロと言っていい方でも、ミスをしてしまう。

けして、失言だとは思いませんが、言葉一つで良くも悪くもなります。

 

都知事になった時は、自民党の応援演説の暴言が、追い風になりました。

 

ここで感じることは二つ。私は感じました。

上の立場になればなるほど、謙虚さを求められる。

今は、叩かれる時代です。

ちょっとマスコミもイジメ体質はどうにかならないのかなと思うときも多々ありますが、映像の怖さは、編集点をちょこっと変えただけで、印象がガラリと変わります。

 

もう一つは、悪い人を叩くような話しは意味がない。ということです。

これは、電話相談中によくご相談者にお伝えすることがあるのですが、低いところを見ても意味があまりありませんよ。とお伝えすることがあります。

 

自分の成長を実感したいのでしょう。

自分より低いところ、出来ない人を基準にして、あの人よりマシと自己評価をすることは、成長を妨げます。

安心したい気持ちはわかります。

自分より下がいると思うと、安心しますよね。

でも、まだ、成長途中であれば、ほっとする時ではないです。

安心してほっとすると、それで良しと思って、これまでがむしゃらに突き進んでいたことがぱたりと止まることがあります。

低いところを見て、自分を評価してしまったからです。

 

営業の仕事をして、自分より低い成績の人がいて、勝手にセーフと判断してしまう。

ノルマやトップを目指していかないと人の成長はほんとに止まるのです。

一度泊まった成長を再び動かすのって、これまでより相当パワー使います。

 

人は人です。見なければいけないのは、出来ている人を目指すべきです。

そのためにしなければいけないことや学ぶことがまだたくさんあるはずです。

 

トップの方ほど、常に努力をしています。

業界問わず、間違いなくそういうものです。

 

学ぶところって、至る所にありますよ。

人を批判する時間があるのなら、自分が学ぶ時間に変えましょう。

かしこまって学ばなくても、学べるところはいっぱいありますから。

 

もう一度、言葉の話しに戻ります。

言葉、発言によって、状況が一気に変わる。

どなたでも経験したことあるのではないでしょうか?

 

仕事も家庭でも恋愛でも。

発した言葉が、自分の本位とは違って相手が受け止めることがあります。

そこから誤解が生じて、人間的な摩擦になる。

 

誤解した方の言葉の取り方次第で、どう転ぶかわからないことが良くあります。

相手の感情や信頼度によっても違ってきます。

立場や地位によっても、言っていい言葉、悪い言葉あります。

 

いずれにしても、SNSやLINEなど活字で言葉を発信する。

自分の口から言葉を吐き出した瞬間から言葉は人によって、解釈が勝手に変えられてしまいます。

同じ素敵な言葉でも、素敵な人なら、いつも素敵な言葉を言うなと思われる方もいれば、嫌な印象の方でしたら、綺麗事ばかり言いやがってなど、人の印象で取り方を変えられてしまいます。

 

言葉通りに取られてもらいないことがあるのですね。

普段からの信頼性によって変わってきます。

 

逆にそのままとられては困ることもあります。

笑い話の時であれば、お前バカだなぁといっても笑いになります。

むしろ、褒め言葉です。

お前バカとまともに取られたら大事件です。

 

言葉って、難しいなと思います。

堅苦しく言っていればいい訳でもないです。

同じ言葉でも、相手の感情によって伝わる時と伝わらない時がある。

言い方もあります。

 

 

こんなに難しいことでも社会の中で最も必要な力でもあります。

コミュニケーションの取り方とは、人とのふれあい方そのものより言葉の使い方を学ぶ方が効果は早いです。

 

電話カウンセリングはまさに、言葉の使い方、前に言うのか、後で言うのか。

アドバイスの効果は全く変わります。

ご相談者にわかりやすく、誤解の内容に、カウンセラーとして常に学び続けなければならないと改めて感じています。

 

完璧、完成は永遠に無いです。

言葉の力。言葉の怖さ。

 

皆さんも改めて深く考えてみてはどうでしょうか?

非常に気付くことが多いですよ。

言葉そのものだけでなく、いろいろなことが見えてきます。

ぜひ、この感覚、知って頂けたらなと思います。

 

今よりも何倍も人間としての深みが増すことは間違いありません。

ぜひ、感じてほしいです。

 

電話相談では、言葉の使い方。

コミュニケーションアップへ

たくさんの方がわたくしどものコーチングを受けています。

あなたもぜひ、学んでみてはどうでしょうか?

 

ご質問などありましたら、ご連絡ください。

お待ちしております。

 

電話カウンセリングはここからTEL