仕事悩み相談電話カウンセリング/仕事は椅子取りゲーム処世術

仕事悩み相談電話

悩み相談所のブログへお越しいただき誠にありがとうございます。恋愛相談人生相談、その他各種悩み解決プロのカウンセラーが親身に対応します。これまで10,000名以上の方からご相談をお受けした実績から一般論ではなく、ご相談者にとって相応しいアドバイスを的確にいたしております。

トップページには様々な情報を提供しております。ぜひご覧ください。


仕事悩み相談電話カウンセリング/仕事は椅子取りゲーム評価をされたい

仕事悩み相談悩み相談所電話カウンセリングから解決対策今後の向かう方向を明確にし大勢の方をお救いしてきました。

仕事の悩みはいつどんな時、どこで生まれるのかわからないものです。

仕事は大変です。しかし仕事があるというのは、生活を豊かにするために現代の世の中で最も大切かもしれません。

仕事力=生活力=人間力となることが多いです。

すべて決まるというわけではありません。しかし大変有利になるというのは受け止めなければならないのかと思っています。

道徳綺麗ごとで進められたら心も身も綺麗でいられます。でも現実はこれだけで進めることは出来ないものです。

世の中お金じゃない。確かにそう。

そうであると思いますがボランティアだけをして無償で働き喜んでもらって、素敵な笑顔をたくさんいただいてもお金が無かったら食べ物は買えない住まいもない

必要最低限のお金は絶対必要です。お金が回っていないと血液みたいなもので潤滑に回っていないとどこかに無理が生じてきます。

最近、いくつか企業側の問題のニュースがありました。少し前ですと大手広告会社の過労働時間問題。最近ですと大手旅行会社も過労働問題。大手コンビニ罰金問題

どれも法に反していることです。日本は法治国家です。法を違反してはいけません。
決められたルールの中でルールを全うし社会に貢献していくべきです。

これは、従業員も企業もどちらも同じです。

ルールと法を順守するのは当然のこと。では、ルールの中で活躍していくために自分の存在価値を認めれ勝ち取っていかなければいけません。これも従業員も企業もどちらも同じ

個と会社はどちらも同じ方向へ向かっていければ、摩擦は起きにくいのですが、方向は同じであっても手段はそれぞれの都合とやり方があるものです。ここは個と企業は一致しにくい。

 

給料を払う側もらう側それぞれ都合と気持ちは一致するわけがない

もらう側はなるべく負担が少なく沢山もらいたいもの。払う側はなるべく少なくたくさん働いてもらうと助かるもの。

建て前は別にしてここはどうしても本音としてあるのは仕方ないことであると思います。

世の中全員の人が豊かになるのが理想。でもそれはちょっと無理でしょうね。どうしたって勝ち組負け組は生まれてしまう。

時代の流れは、総理大臣であっても簡単に作ることは出来ません。

日本のトップであっても時代の流れや文化を作ることは簡単に出来ないです。

一人の力では時代文化は作れない。今の世の中、嫌だなと思っていても生きる時代を変えることは出来ません。好き嫌い言っていても今を生きるしかないです。

今の時代にどう自分をマッチさせてストレスを少なく、豊かに生きていくにはどうするべきか。

幸せを絶対に保障されている場所なんて今の世の中、どこにもないでしょう。

ただ、今よりも豊かに満足して生きていく方法はあると思います。

そのためにはその場所を確保防衛していくことが大切です。取る守る両方共に必要です。

場所は人それぞれだと思います。物事見た方によって全く違う感想を持つものです。

上記のニュースになった企業は超が付く大手会社です。ニュースになった場面はその会社のすべてを表したことではないです。一部分だと思います。

社長以外全ての人間が同じことを思っていたとしたら、とっくに倒産やクーデターが起きて今のような素晴らしいビルの会社にはなっていなかったはずです。

一面として法で許されないことがありました。絶対に良くないダメなことです。一社員に過労働過剰なノルマを課して苦しんでいる人がいた事実。間違いありません。

でも、大変な数の人数、部署、役職がある企業なのですから苦しんでいた方を放置していたことには憤りを感じますが、別の一面として上の方の人間は過労働では悩んでいなかったはずです。

 

いい席、ポジションは限られる、勝ち取る力も大切なスキル

世の中、椅子取りゲームである部分もあります。働く場所も選べるところもあります。選べますが、ほんとに幸せや満足するためには数少ない椅子を確保できた人だけの特権でもあると思います。

椅子を確保するために自分でつかみ取るか勝ち上がっていくしかありません。あまり椅子を譲ってくれることはありません。あるとすれば、大したことが無かったり、裏があったりします。

ほんとに欲しい椅子は数に限りがあり、誰にも渡したくはないものです。だからこそ価値があると思います。

椅子を確保できるのはワンチャンスであったり、チャンスがどこあるのかわかりにくいものです。

だからこそ掴んだところに価値が高い。一社員が苦しむような土壌を生む企業は絶対にダメです。しかも法に反してることは絶対にダメ。

それに対抗するために労働基準局への通報やマスコミを使って関心から同情を呼んで共感を得る方をたくさん作るのはありだと思います。

でも、これってホントの解決になっているのでしょうか。過労働時間は解決出来るでしょう。でも場所は何も変わっていないです。

辛い環境は末端社員だからこそとすれば上のポジションを掴むことで解決になりませんか。

もちろん、簡単なことではないです。すぐになれません。大手になればなおのこと。

大変なのは当たり前。数が少ないですし、他にもライバルがいっぱい。役職を与える企業側としてもそのポジション相応しいのか技量人間性も判断します。

仕事への取り組み方結果を生んで人間性も含めて企業側認めた場合数少ない椅子を得ることができます。

大変ですけどそのポジションがあるということはなっている人は存在するということです。ということは方法はあるはずです。

方法は、不公平は生じるものです。偏った見方をすればどんなことでも不公平に見えるものです。人によってはゴマすりと見える人もいるでしょう。

ゴマすりって、そんな人になりたくないと思います。だとしてもどこからがゴマすりでどこまではゴマすりではないのでしょうか。ゴマすりゼロはどんな方でも不可能ではないでしょうか。

他人の機嫌を取るということは人間関係においてビジネスシーンにおいてなくてはならないものです。

カウンセラーは基本的に機嫌を取ることはしません。何かが問題あってそれを無視して慰めるように「あなたは大丈夫ですよ」なんていっていたら問題解決にはなりません。

とはいっても基本的にはしないだけであって全くしなかったら、カウンセリングする時に必要最低限コミュニケーションが取れなくなってしまいます。

どんな方でもゴマすりという人の機嫌を取ることは大事です。

ゴマすりのみで実力はともなっていないゴマすりのみで這い上がると反感は買うでしょう。

でもただゴマすりといっても人の機嫌を取るのも結構大変なこと。効果的に行わなわないと逆効果になります。

ゴマすりのみで這い上がるのは反感を買うのかもしれませんがそれは偏った見方かもしれません。

人の機嫌を取り続けるのは大変なストレスも同時に発生します。ストレスを我慢機嫌を取り続ける力ビジネスは大事です。ゴマすりはずるい!といっているのは、もしかするとご機嫌取りするストレスから逃げているかもしれませんし、人の心を配慮できる人間としての力がないのかもしれません。

やり易い人相手を取りやすい人だけを相手にしてるだけで嫌いな人には相手をしないなんて好き嫌いで世の中渡っていくことも出来ません。

ビジネスは総合力で高いものが必要です。偏っていてはなかなか評価されにくいものです。偏っても一つのことジャンルで勝負するには一つが人よりも何倍も数倍も圧倒する力が必要です。
そうでなければ一つだけでは評価されにくい。人よりまあまあ出来ている方程度では苦しいです。

 

自分の仕事能力の自己判断は世間と一致していないのは間違いがあるから

仕事についてのカウンセリングをお受けしていると自分の実力過大評価もしくは過小評価しがちと感じます。

世の中の評価自分自身の評価一致してない。とても多くの方が該当します。
この勘違いギャップが苦しみを生みます。

自分が望む結果と一致しないどころか離れていくものです。

好き嫌いで判断しているとほんとに損します。仕事の悩みを持っている方は、このあたりを感覚として理解するのが一番苦労するところです。

頭だけではダメですよ。感覚まで理解できなければダメです。

理解できれば前進できます。

悩み相談所カウンセリング仕事の問題目先の解決方法根本的な問題解決方法と二通りに分けてアドバイスを行っています。

あなたの今の苦労はきっちり解決出来れば将来大きな財産となります。

これこそお金では買えない価値の高いものです。人間力向上になりますから。

そのためのカウンセリングです。電話カウンセリングです。全国どこからでもお電話をかけて頂ければカウンセリングが出来ますのでぜひ、今すぐのカウンセリングをお勧めします。

悩み相談所コンサルティングアゲインホームページには様々な情報がございます。ぜひ、こちらもご覧ください。トップページ

電話カウンセリングはここからTEL