応援したい人、応援される人/応援されない人 違いは?|悩み相談所

人生相談電話

人間関係向上電話相談カウンセリング

社会の中で最も大切な
人間関係の向上力。
電話相談のカウンセリングを
おこなっています。
人間関係に悩んでいる方も
人間関係が上手く出来な方も
電話相談から
プロのカウンセラーから
的確なアドバイスから
改善へ向かっていけます。

 

コンサルティングアゲインブログへお越しいただき誠にありがとうございます。
検索キーワードからこちらのページから悩み相談所ホームページへお越しいただきました。
ぜひ、じっくりご覧ください。

また、トップページには、悩み相談所が行っている内容が確認できます。


応援される人と応援されない人

c9527c3f25e505eb905d897aed7b6284_s
応援される人

 

1ecd9b7e01375656db04be2d6386ad93_s
応援されない人

応援される人もいれば応援されない人もいる。

不平等な気もしますが、現実としてあります。

応援されていないより
応援されている方が
何かをする時の達成する確率や
実現する確率は上がります。

言い方を変えてみましょう。

応援したい人と応援したくない

あなたからみて
どのような方を応援したいと思うか。
逆に応援したくないと思うか。

やっぱり嫌いな人応援したい気持ちは持ちにくいです。
好きな人応援したい

とてもシンプルですよね。

生意気な人よりかわいげのある人は応援したい

頑張っている人は応援したい
怠けている人は応援したくない

応援したいと思う方は
人間的に好まれる方は応援されます。

人は一人では生きていけない

人は一人でも生きていける。
一人の解釈の違いがあります。

地球上に人類に一人しかいなかったら?
きっと生きていけません。

けして一人では生きていません。

ビジネスので成功している方であったとしても
人に頼らなくても自分一人で生きていけるなんて思っていたら大間違い。

結果を出せているのは、当人以外の人からの評価があって金銭を得ているわけです。
一人では、生きていけないのです。

一人では生きていけないのであれば、応援されないより応援されたほうが人生豊かに過ごしやすいのは間違いありません。

応援したいと思う人は、どんな人なのでしょうか?

わかりやすいところで言うと、甲子園で行われる高校野球です。若者たちが汗水流して必死にプレイする姿に感動があります。

純粋気持ちひたむきさに。
必死目標へむかって頑張っている姿。
諦めずに。

このようなことが言葉はなくても見ている側に伝わります。
だからこそ、見ている方も純真に見ることができます。
応援したくなる気持ちが湧きます。

応援したくなる人は、こういう方だと思います。
ずるい人悪い人自分のことしか考えていない人。
逆に応援したい気持ちは湧きにくいものです。

 

気持ちが湧くか湧かないか。
その人の行動気持ち純粋さがあるかないかであると思います。

わたくしにも、若いときに経験があります。
社会人になりたての頃、営業としてデビューをした社会人人生。

最初ですから、社内で研修を受けたとはいえまだまだ営業技術は未熟です。
とはいえ、決して高いとは言えませんが、立派に給与は頂いておりました。
お金を頂いている以上、立派なプロです。
プロである以上、実績を出して、初めて本物のプロ
技術は未熟と自分でも痛感していましたが、結果を出したい。
強くそう思っていました。

今でも覚えています。
初めての営業活動をした日のことを。
社内の研修では、マニュアル通りスラスラと発せる言葉が、頭に浮かんできません。
さらに営業技術もありません。
この時に自分ができることは、必死に相手に自分の想いを伝える
この気持ちだけでした。

気持ちだけは、後ろ向きにならず、前を向いて
今思えば、大したことは言っていません。
それでも強く相手に気持ちを伝え続けました。

結果、その営業は、契約をして頂きました。
のちにアフターフォローでお伺いした際お客様から教えて頂いたことです。
「あの時、仕事はまだ出来ないな。ただ気持ち必死さ心が打たれたんだよ。きっと裏切らない一生懸命してくれるだろうから、契約をしたんだ」
こうお聞きしました。
この言葉を頂戴した時、ほんとにうれしかったものです。

今でも、この言葉大切に生きています。
必死にしても結果が出来ないこともあります。
その時、何かが足りないのではないかと思っています。
必死になる理由が、自己都合が強くないかということだったり。
温情ばかりでは、いくら必死でも通用しません。

必死の中に、相手にとって何かがないと乗ってはくれません。
デビュー戦のわたくしは、一生懸命さから、裏切らない、自分へも一生懸命してくれるだろうという期待を感じていただいた。
契約書の契約金額以上のサービス対応期待をしてくれたのだと思います。

たいしたキャリアもなく、技術もない人が自分の言葉に酔うようなスラスラと流暢に言葉を並べてお話しなる方、応援したくなる気持ちはなくなります。

不器用で口数が少ない方でも気持ちを強く持って頑張っている人は、見ている側には意外と伝わるものです。
正直に言いますと、ご相談に来る方にも感じることがあります。
人間ですから、応援したくなる人と応援したい気持ちが薄くなる人。
正直に言えば、感じることがあります。

(*とはいえご相談者に差をつけることはカウンセラーは一切致しません。あくまでもカウンセラーも気持ちと感情がありますから、感じることもあるということです。ここでは例えとしての話しだけと捉えてください。)

不器用、口下手な方ほうがカウンセリングの中の言葉を裏表を感じることなく
真っ直ぐに受け止めて
改善し取り組んでいただいている。そう感じます。

一方で、器用な方で、言葉を上手にお話しできる方ほど、解決が難しくなります。
上手に話せる方の特徴ですが、話しながら次に話せる言葉を考えながらお話ができる能力があります。
ですから、言葉に詰まることなく、スラスラと話ができます。
能力とすればとても優秀なのですが、これがアダになることがあります。

不器用な方は、元々自分で考えていたことしかお話が出来ない。
だからこそ、予期しない事態になると言葉を用意していないために言葉が出なくなります。
逆に話せる方は、特に言葉を用意していなくても、その場で上手く取り繕うことができる。考えていなかったことでもなんとかできてしまう。

 

とても素晴らしいのですが、元々考えていなかったことです。その場で取り繕うことが出来ても、それは本心ではなく、言葉だけの浅はかなものです。言葉から愛を感じることができません。

 

最終的に上手に話をまとめてしまうがゆえに、本来考えていたこととは別の道が出来てしまう。

 

これが、話が上手にできる方に起きやすい欠点になりうるのです。

 

うわべだけの言葉になりがちであり、またそのことによってご自身にとってほんとに相応しい答えが見つかりにくい。

 

このような方は、最初は言葉を模索しながら話し始めますが、途中から言葉の軌道が乗るとスラスラ言葉が出てきます。さらに言葉のピッチが上がります。気持ちよさそうに上手に話し続けます。

 

非常に素晴らしい能力でありながら、聞いている方はあまり共感がもたれないことがあります。
共感を持ってもらえないからこそ、さらに言葉を組立て、さらに言葉を模索し話し続けます。
わかって貰えるまで。何度でも押し付けるように話し続ける。

 

このようなことを行うのは、男性に多いです。
話がぶれてしまいましたが、結果、相手に聞かせるだけ、言葉の力で力ずくで納得させても応援した気持ちは生まれにくいのです。

 

聞いてる方は、諦めるだけになるかもしれません。
納得したのではなく、諦めた。
意外と一方的に話す方は、相手がどのように聞いているのかへの反応への敏感さに欠けているようにも感じます。

逆に話があまり得意と感じていない方は、相手の方にちゃんと伝わったのかと不安を持っていますから、相手のことを考えます。

どんなことでも相手への配慮があるかないか。このことを感じているかどうかが人から共感されるか、されないかに繋がってきます。

応援したい人と応援されない方。
流暢に話し続ける人は、少ないものです。
口は災いの元。
昔の人はよくいったものです。
人へ何かを伝えるには、言葉は大切です。

ただし、必要以上に話してしまったり、言葉の量で相手をねじ伏せるような行為は、共感を持たれません。
先の例の高校野球。言葉ではありません。
行動、プレイにひたむきさ、ひっさを感じます。
言葉はありません。
ここに応援されたい人にヒントが大いにあると思います。

中身です。
中身が伴った、純粋な行動が人からは、美しく見える。
美しく見えるものには、応援心が生まれやすい。

応援されないより、応援された人の方が間違いなく、豊かに過ごしやすいのは間違いありません。

大切にしたい。
そう思っています。

カウンセラーは、様々な方の悩みを多く聞いて一人々にあった、相応しいオーダーメイド的なご提案と回答を行ってきました。

日々、多くの方とカウンセリングを行っています。
おかげさまで、多くの実戦を経験させていただいておりますので、カウンセラーのスキルも日々上がっていくことが出来ています。
これも多くの方とのご相談をご依頼いただいたおかげです。

これからも益々、必要とされるカウンセラーへ精進致します。
どんなお悩みにも対応できます。
悩んだらまず、カウンセラーへお問い合わせください。
きっとそれがあなたの解決への一番の近道になりますから。
悩みは一分一秒でも短い方が良いです。
お待ちしています。

お気軽にお問い合わせください。

悩み相談所のトップページには
様々な悩み相談所の活動内容を
ご覧いただけます。
トップページへ
ぜひ、ご覧ください。