悩み相談電話カウンセリングデリカシーがない大切な人ほど失いやすい

悩み相談電話カウンセリング

悩み相談所のブログへお越しいただき誠にありがとうございます。恋愛相談人生相談、その他各種悩み解決プロのカウンセラーが親身に対応します。
これまで10,000名以上の方からご相談をお受けした実績から一般論ではなく、ご相談者にとって相応しいアドバイスを的確にいたしております。これからも一人でも多くの方を悩み解決へお役にたってまいります。
トップページには様々な情報を提供しております。ぜひご覧ください。



悩み相談電話カウンセリング

デリカシーない人大切な人ほど離れていく

デリカシーがない人と言われる方がいます。

そもそもデリカシーとはどういう意味なのか。感情、心配りなどの繊細さ。日本語に訳すとこうなります。

デリカシーのない人は、心配りの繊細さがな人と訳すことができます。

デリカシーの語源はデリケートからきているようです。

デリケートを訳すと感受性が強いさま。繊細なさま。細かい点に重大な意味さま。微妙であるさま。繊細の注意を払わなければいけないさま。となります。

言葉が生まれる歴史などを辿っていくと面白い発見があったりします。日常なんの気にしなく使っている言葉は、言葉そのものが生まれたきっかけがあり、それがやがて浸透し常識化されてます。

デリカシーない。人しての判断を評価の言葉。ほんとに残念。ようは気配りが出来ない。今でいう空気が読めていない発言、行動をする人です。今の時代、この評価をされるとほんとに致命傷です。

 

人間関係で人生が大きく良くも悪くも変わる、デリカシーの無さは致命的

人間関係を構築することが、今の世の中上手に生きていく方法の一つですが、デリカシーのなさは、妨げになります。

デリカシーがないと言われる人は、本人は薄々気づいていても改善する方法が解らなかったり、場面ごとにおいて判断してもどれが?どこが?もしくは「それくらいいいじゃん」「たいしたことないでしょ。むしろそんなこと気にすんな」くらい思うかもしれません。

 

自分の判断基準と他人が一緒と思わないデリカシーを直す第一歩

自分の判断基準では許されることであっても、他人には許されない、受け入れがたいことがあるということ。このことを認識しないとデリカシーのない人というレッテルが張られ続けます。

どんなこともそうですが、良い印象より悪い印象のほうが残りやすいものです。一度着いたレッテルを覆すのはほんとに大変。

デリカシーがないとレッテルを張られると配慮がない、繊細さがない。と判断されたわけですから、元々ない人が配慮する、繊細にする。出来ている人がするのと出来な人がするのとでは
難易度が全く違います。覆すのは、元々できていない分ほんとに大変です。

人によっては、一度自分の価値観を全部捨てるくらいの覚悟をもってしなければならない人もいます。

デリカシーのない人間になってやる!そんな人はいないはずです。なりたくてなったわけではなく、気が付けばなっていた。何かを間違えたわけですし、体の感覚に染みついたわけですから取り除くはほんとに大変。

頭で分かっただけでは、改善にならないわけですから。感覚を変えなければ、自然と同じことを表現してしまいます。

 

変なプライドとこだわりがデリカシーの無さを産んだ原因

変なプライドを持つことからデリカシーのなさを生む場合もあります。変なプライドを持つとこれも覆すのは大変。

デリカシーがある人へなることは、やっぱりいろんな場面で有利。恋愛においても仕事や社会の中においても、やっぱり繊細に丁寧に行う方が人には好まれます。

雑さは、雑さを生みます。雑さが悩みや障害、敵を作りやすい。

自分はOKであっても、他人は違うことがある。

もちろん100人中100人の方全てに、好かれるのは難しいでしょうけどもマジョリティ大多数の方に好まれることが、世の中の常識になりやすいですから、常識の枠の中で自分なりのパフォーマンスをしていた方が、上手に有意義に生きやすいです。

自分の常識は、社会の常識なのか。外れていたら中に入った方が良いと思います。

外れていた場合、貫くのであれば相当強い信念とエネルギーをもって貫き続け、確固たる結果を出さなければ結局損するのは自分です。

この反発へ勝つエネルギーはほんとに大変ですよ。

時代を変えるのは常識を覆すことです。常識を覆すまで、ブレず貫くのはほんとに大変です。出来たら素晴らしいこと。出来ないと敗者として社会の中からはじかれます。

とてもリスクが高いのです。それでも挑戦し成功した人は成功者になるのは事実です。

さあ、どこを見て自分の人生を突き進むのか。

 

自分の欠点を受け入れられているかが解決のカギ

デリカシーを変えていくには、自分の問題を心から認識できるかどうか。出来なければ変えられません。

特に自分にとって、一番大切にすべきことが上手くいかないのであれば、変える必要があるかもしれません。

電話カウンセリングから改善していけます。電話でのカウンセリングから気づき取り組み改善出来たら、今よりずっと大切なことが上手くいくようになれます。

変えなきゃいけないと思っただけでも、大きな成長です。でも思っただけでは変わっていません。あとは感覚を変えることが大切。

変える方法は、あなたなりの方法であなたのだけの方法をお伝えします。

電話カウンセリングです。お問い合わせください。

悩み相談所コンサルティングアゲインホームページには様々な情報がございます。ぜひ、こちらもご覧ください。トップページ