悪い環境、居心地の悪い会社からエリートに変わる電話カウンセリング

仕事悩み相談電話

悩み相談所のブログへお越しいただき誠にありがとうございます。恋愛相談人生相談、その他各種悩み解決プロのカウンセラーが親身に対応します。

これまで10,000名以上の方からご相談をお受けした実績から一般論ではなく、ご相談者にとって相応しいアドバイスを的確にいたしております。これからも一人でも多くの方を悩み解決へお役にたってまいります。

トップページには様々な情報を提供しております。ぜひご覧ください。


悪い環境、居心地の悪い会社・学校からエリートに変わる
仕事の悩み相談電話カウンセリング

悩み迷い苦しんでいる方との電話カウンセリングを行っています。

電話カウンセリングは、カウンセラーと直接対面でないからこそ、思ったことを気兼ねなく話しやすい。カウンセラーは、経験豊富な知識からプロの的確なアドバイスをします。

一人でくずくず悩んでいるのであればたった1時間の電話で解決出来ます。ぜひ、ご連絡すること、アドバイスを受けること強くお勧めします。


居心地の悪い状況からチャンスに変える方法を知る電話カウンセリング

職場、学校、さらには家庭など。居心地の良い空間の中で伸び伸び自由な発想ですくすくと過ごしたい。人として当然思うことです。

運悪く、今の場所が、居心地の悪いところであったら。とても気苦労やストレスを多く抱えながら過ごしていらっしゃると思うとお気持ちを察します。でも、その場で頑張らなければいけないのかもしれません。

 

居心地が悪いところから逃げるのは得策かどうかを判断できる電話カウンセリング

居心地の悪いところから逃げ出す。これしか解決の方法がない。そう考えるのでしたら、少し考えを待ってほしいと思います。

会社であれば、転職すれば抜け出せるかもしれません。学校であれば、転校。家庭は、一人暮らしをする。どれも、出来るのであれば選択肢としてあり。でも事情がって、それが簡単に出来ない人もいるでしょう。

収入の問題や年齢キャリアでの転職への障害。転校なんて簡単に出来やしない。一人暮らしをする資金がない。など簡単に環境を変えられない人もいます。その他さまざまな事情や理由で変えられないものです。

変えられないのであれば、変わらない環境の中で何かを自分の中で変えなければいけません。

居心地が悪いのはなぜか?もう一度真剣に深堀りして考える

先にわたくしの経験をお伝えします。これまでの経験の中で居心地の悪い場所は学校にも会社にもありました。

学生時代は、常に居心地が悪いと感じていました。今は、この原因はっきりとわかっています。自分が悪かった。それだけのことです。

自分の考えや主張が強すぎた。そして、相手への配慮が足りなかった。心を閉ざしていた。これが原因です。

自分の考えに自信がありすぎでした。何の根拠もないのに自信がありました。根拠がない自信は時として必要ですがそれだけでは通用しないものです。なければ、結果として証明をしなければならない。ところが結果を出す方法を知らなかった。

心をオープンにする方法は、良くわかりませんでした。わからないからそのままでいていました。そもそも当時は、オープンにしないことの方がかっこいいとさえ勘違いしていたところがあります。

実際には逆で心をオープンにするのは、それなりの覚悟も必要ですし相手へ自ら信じることも必要。さらにオープンにする柔軟さや勇気、自然とブロックをしてしまう心のコントロールと閉ざすことよりも遥かに多くのことが必要です。

もちろん自然とそれが出来ている方もいらっしゃるので、自分の場合には、その能力を身につけることが必要だったのです。

自然と出来ている人だって、その能力が長けていても他の分野で落ちていることはあります。

ほんとの意味でのマルチプレイヤーなんてなかなかなれないのです。なるのならば、完璧な人間なんて存在しませんから存在はしなくてもなれるように努力をした人だけが少しだけ近づけるようになります。

少しだけ。

この少しがあるかないかで年月が経つととてつもない大きな結果として現れたりするものです。

わたくしの場合。その後、環境の変化の場所にて徹底的に通用しないことがわかり、その後の苦手なジャンルへの挑戦によって自らの考え方を少しだけ、少しずつ変化をさせてこれたおかげで少しは理解できるようになり、今は振り返って、ダメだった理由をはっきりと言えるようになりました。

だからこそ、学校で上手く生活できていない方の気持ちもわかりますし、どうしてダメなのか
はっきりと分析もでき、どうすべきかカウンセラーとして役に立っています。

会社でもありました。キャリアを積み、ビジネスマンとして自慢ができる、いくつかの称号も得てさあ、もっと!もっと!と望んでいた時に落とし穴に落ちたように、突然として、上手くいかなくなりました。

その場では、いろいろもがき苦しみながらもやるべきことはやり続けていました。「結果を出せば、文句は言わせまい。」そんな気持ちでやっていました。

結果は出せました。でも、改善されませんでした。当時の理不尽過ぎる上司のおかげで。

理不尽な人は、どこまでいっても理不尽。解って貰えない人は、何をしてもわかってもらえないものです。残念ながら、これが結論です。

でもです。自分自身としては、やるべきことだけはやり続けていました。苦しいながらもやり続けた。苦しい環境の中でやり続けたからこそ、誰も頼れない環境の中で自分で考えるしかなかったし、考え知恵を絞ることで能力が高まったのです。ふてくされていたら、ほんとに無駄にしかならない時間でした。

居心地の悪い場所だったからこそ考えたし、知恵が生まれました。

居心地のいい空間だったら、そこまで必死な気持ちは生まれなかったでしょう。必死な気持ちには、なかなかなれませんから。必死ということになるしかなかったその時の時間は、今は大きな貴重な時間でした。

その後、理不尽にしていた方は社長だったのですが、倒産しました。世の中そんなものです。倒産すべき内容ではなかった。ところが、人が育つ環境ではなかった。誰も助けてくれなかった。誰かがちょっとだけ助けてくれたら、最悪な倒産という結果にはならなかったでしょう。でもそんな人望全くありませんでした。もったいなかったと思います。

その直前にわたくしは、高まった自分の能力をもっと活かしたいと考え先に退社をしていました。

そして、倒産をした会社で働いていた同僚や関連会社の方は、わたくしのことを違う目で見ていたらしく退社後のわたくしをとても応援してくださいました。

見ている人は見ているもの。その時感じたものです。人はどこでどう見てどう評価している
全く分からないものです。ただ、頑張っていれば、正しきことを正しくやっていれば、その場では報われなくてものちのちに報われることだってあるものなのです。

 

何がプラスになるかわからない人生。苦しい時こそ成長できる

私の過去の実体験で得た教訓です。居心地が良かったら、怠けて、必死さも薄まっていたでしょう。

苦しい時こそ、出来ることを必死に知恵を絞って考えたことは必ず自分の武器になります。

今考えると自分自身がほんとの意味での成長を遂げられたところは、居心地の悪いところにいた時だったような気がします。

よくよく考えると当たり前なのかなと思います。

マラソン選手が合宿する場所は山の標高の高いところです。空気が薄いからです。高山トレーニングをすることで心肺機能をより高め平地に戻った時に今まで以上のパフォーマンスを発揮できるようになる。

同じようなものです。

ぬくぬくと温室の中で過ごしていたら、何も変えようとしません。もっといえば変える必要がないのかもしれません。

でも苦労は買ってでもしろとよく言われた言葉です。

ほんとの意味での苦労をたくさん知り、乗り越えた経験がある方は、言葉の重みが全く違います。単純な理想論とは全く違う。

苦労をしただけでは意味はありません。自信を無くすだけですから。苦労し乗り越えられたら
その分だけ強くもなれるし、人にも優しくなれます。

これは、自信を持って言えます!

若ければ若いうちに知っていたほうがなおさらいい。

年齢を重ねた後だと挽回のチャンスが若いときに比べ激減しますから。

だから、今居心地が悪いと思っていたとしても、実は、悪くないのかもしれません。もがき、苦しめばいい。考え考え抜いてください。頑張った数だけ、考えた数だけ、その後に必ず残りますから。

ただ、苦しむ時間は、なるべく最低限にしたい。苦しみしすぎるのは、逆によくはない。
かえって悪い方向へ行ってしまう可能性もあります。

ある程度のところで線は引きたい。わたくしの場合過去に様々なここで申したように
欠点がたくさんありましたが、線を引くタイミングと見極めに関してはどういうわけか絶妙に良かった。特にどこかで身につけたわけではないのですが自然と備わっていました。

つまりです。
どんな人にも特技や欠点はあるものです。ある時は欠点が大きくクローズアップされてしまうときもあるでしょう。それを受け入れることは大切。そして変える努力はしなければなりません。
それとは別に何かしら良いところは必ずありますから、それを上手に活かす方法も知らなければなりません。活かせなければ宝の持ち腐れです。

悪いところは、受け入れ、変える努力。辛くても今できることは精一杯する。特技は、上手に活かす。

これらのことを柔軟にかつ円滑に動かす、自分自身を上手に運用する能力を身につけられたら、人生の生きやすさ、結果はおのずと変わってきます。

のほほんと過ごせているより、苦しい環境にいるからこその強み必ずありますから。

その環境で生きていく方法をわかっているカウンセラーはあなたのお助けを出来ます。

先ほど言ったように苦しみが続いているだけでは絶対に良くはありません。

変える方法が解らないのかもしれません。

それであれば、カウンセラーがあなたにとって適切なアドバイスをします。経験があるからこそ辛い気持ちは理解できますし、その方に相応しい一人一人に合った解決方法を提案できます。

それがわたくしどもの強みです。エリートだけが、本物のエリートになれるわけではない。

あなたなりの方法で本物のエリートになれます。

お電話お待ちしています。

悩み相談所コンサルティングアゲインホームページには様々な情報がございます。ぜひ、こちらもご覧ください。

トップページ