自分を変える短期間で変える方法電話カウンセリング

人生相談電話

コンサルティングアゲイン悩み相談所ブログへお越しいただき誠にありがとうございます。

おかげさまをもちまして10000名様以上の方からお問い合わせを頂きました。
これからも、一人でも多くの方の悩み解決へどこよりも高い解決率を誇りつつ運営してまいります。

検索キーワードからこちらのページをご覧の方はトップページには、悩み相談所が行っている内容が確認できます。


自分を変える電話カウンセリングのコーチング

 

短期間で一気に自分を変える方法を電話カウンセリングで出来ます!

今回のブログは、いつもよりも長文です。大切なこと、述べています。最後まで一字一句読み落とすことなく、お読みいただければあなたにとって大切なことに気づけます。

自分を変えたいと思ったのは

a41b235903cb7153398549e065ccd5a7_s

 

■何かの壁にぶち当たったり。
■自己嫌悪に陥った時。
■失恋をしたとき。

何かしら、自分にとって相応しくない結果が表れた時に思うものです。

自分を変えたいということは、変えることが出来たら今の自分よりも生きやすくなったり、人から認められること。さらには、ほんとに自分にとって必要なことや人が手に入れられる可能性を感じたのかもしれません。

自分を変えるには、丁寧に取り組む意識が必要です。

時間を掛けたのでは、恐らく変わりません。短期間で達成しなければ変えられません。

さらにいうと、自分を変える希望のご相談者様を多くの人を変えることが出来た「悩み相談所」ですが、並大抵のことでは、自分を変えることは出来ません。

 

しかし、これらを乗り越えないと自分を変えることは出来ません。

もう一度話を整理して言います。

自分を変えるには、時間は短時間で行うこと。
・辛い状況を飲み込んで、耐えて継続していくこと。
・計画性をもって理想と目標を明確に分けていくこと。
この3点。絶対に必須です。

 

ダイエットと自分を変えるは似ている

ダイエットと一緒です。例えばお正月に今年の目標として、1年かけて5キロ痩せる。
といったとします。恐らく、この目標、達成できないと思います。

何も具体的じゃないからです。

変えるなら、時間を変えてゆっくりと自分のペースで。こんな悠長なことを言っていたら叶いません。そもそも太ったから痩せようと思ったのです。

あなたのペースに合わせていたから太ったのではないのですか?

少し太った時点で、危機感を持ち、食事制限やトレーニングをしていれば、すぐに元に戻せた。少し太った時点で、わかっていたはずです。問題を先送りにしたから蓄積をしてしまい、5キロ痩せる必要性を感じたのです。

自分のペースでと考えていたらいつまでたっても変えられません。しっかりと計画目標をもっていつまでにどのようにするのか。すべきです。

5キロ以上のダイエットの経験者は、ほとんどわかると思いますが楽して痩せる方法なんて絶対にないというのはお判りでしょう。

サプリ、道具などで簡単に楽して痩せる。現実的ではないこと、わかると思います。

2047acf6bc06af3d30125672d40be3fd_sやはり、食べたいものを食べない。食事制限。運動不足から太ったのですから、重い体を息をゼイゼイさせながらの有酸素運動からの脂肪燃焼が必要なのです。食べたいものを食べられない、苦しさ。息が苦しい、運動不足からの動いていての体の痛み。これを乗り越えなくてはダイエットは絶対に出来ません。

出来る人は、短期間でできるし、出来ない人はいつまでたっても出来ないものです。ですから、ライザップのダイエット方法は理にかなっているとわたくしは思います。短期間で一気に自分を追い込んで管理をされて痩せる。

人は自分に甘いものです。長期間の気持ちの継続は出来ないですし人に管理されていないと怠けます

一気にやりすぎることで、リバウンドなど問題点も指摘されているようですが結果を出したことがある人は可能性が高まったのは事実です。

 

出来ない人ほど出来ない理由つくりが上手い自分を苦しめる

やってない人は、リバウンドが怖いから、よくない。結果を出す前に、結果後の心配をしてる。

やっていない人ならではの考え方です。やらない理由探しをしてるだけにすぎないのです。

結果を出さなければいけないのです。手段は、別です。目標とはそういうものです。認識を改めて、この先を読んでいただきたいと思います。


自分を変える電話カウンセリング

自分を変えるということは、どのようなことを指しているのでしょうか?ほとんどの方は、心や考え方、性格のことを指していると思います。

例えば、痩せたいと考えているのであれば、自分を変えるというより、ダイエットをしたいと具体的な方法を言うと思います。

自分を変えたいというのは、自分の何を変えたいのか、具体的にする必要があります。性格というのは、なかなか変わりません。もしかすると変わらないのかもしれません。

 

なんだ、性格は変わらないのか・・・。

 

そうがっかりする人いるかもしれませんが、考え方は変えることができます。性格とは別です。

考え方を変えるのはどなたでも誰にでもチャンスはあります。

考え方が変われば、条件反射も変わります。例えば、とっさに目に入ったものへの感情が攻撃的だったら、とっさに攻撃的な言葉がすぐに出てしまうとしたらまず、言葉を慎む前に感情をコントロールすることで、そのあとについてくる攻撃的な言葉が発しなくなります。

考え方、感じ方は変えられます。もっといいましょうか。必ず変えられます。

自分を変えたいというのは、人とのコミュニケーションが上手くいっていないときに起きやすい感情です。

a104f327250332555c6c0446a8cf0826_s

普段は、非常に饒舌に話せる方、時には毒舌も含めて良く話す方。ところが、自分が追い込まれると一転して何も言い返せなくなる。言葉が生まれず黙ってしまう。

あるいは、普段は、人に合わせてじっとしている。人の話をよく聞くようにしている。我慢をしてあるいは言いたいことが言えないあまり出しゃばらないようにする。ところが、自分が追い込まれたりすると、たまったうっぷんを一気に晴らすように感情が爆発する。

どちらの方のケースも両極端すぎますね。中間が全くない。

波が大きすぎるがゆえに、周りの方は混乱をしますし、何よりも自分をコントロール普段は出来ているように感じるかもしれませんが、全くできていないのです。

自己表現のスキルを知らないわけです。

 

自己表現はスキルです。能力

能力は身につけるものです。中には、誰にも学ぶことなく、自然と身につけられた方もいらっしゃいますが、それは、育てられた親に大きく左右されるところがあります。

親が身につけていられれば、その中で自然と親とのコミュニケーションの中で知ることが出来たかもしれません。でも無口なお父さん饒舌なお母さん男はこういうもの。女はこういうもの。そのような価値観の中で育ったとしたら、大きな勘違いを起こしやすくなります。

今の時代、男は、女は、という別けた考え方は、あまり必要なくなってきています。女性も第一線で働いている方も多いですし、男性が育休を取る時代です。

男とは、女とは、あまり関係ありません。

男であろうと女であろうと自分の気持ちを素直に表現して、かつあまり出しゃばりすぎず。
我慢も貯めない。相手にも不快感を与えない。

そのようなスキルを知らなければ、身につけるべきです。

自己主張の国、米国。米国では、とても自分の自己主張や自己表現は、日本人よりも長けていると言われています。

異国の文化ですが、日本人には日本人なりの良さがあります。

でも、もう異国だからとか、あまり関係ない時代ではないでしょうか?外国の企業の動きが、日本に株価にも普通に影響される時代ですし外国で起きていることが対岸の火事として見ていられるわけにはいきません。この影響は、必ず日本へも反映されます。

さらには、家電の日本。技術の日本。電化製品は、日本が正解№1だと思っていました。数年前まで、小さな家電、携帯電話は、国産メーカーのみで動いていました。たったここ数年で、iPhoneの独擅場となっています。

このサイトのアクセス解析を見てますと、ほとんどiPhoneユーザーからのアクセスです。PCからは、ほとんどいません。80%以上が携帯からのアクセスです。この分を読まれている方もおそらく携帯からではないでしょうか。その携帯もほとんどがiPhoneからなのです。

国境間は、確実に近く短くなっています。

だからといって、全てを米国のマネをすればいい。私はそうは思いません。いいところは、真似たり、取りいれるべきだと思います。

話を元に戻します。
自己主張が上手いと言われている米国ですが、全員が上手いわけではありません。

それはそうですよね。外国の方から見れば、日本人女性は、おとなしい、おしとやかと思われているようですが、周りの方を見回してください。そういう方もいますが、そうでない人も大勢いますよね。

テレビで映るごく一部の人を見ていると、外国の方ははっきり言うなーと思いますが、見れる外国の方は極一部ですよね。全員がそうではないのです。

 

自己主張の下手さは自分を苦労させる

ただ、日本人よりも大勢の方が自己主張がはっきりしているとはおもいます。それが、文化になっています。自己主張、自己表現が上手くないと時代に合わせられない。置いてかれることになります。

ですから、海外で出来ていない方は、日本国内よりも死活問題になるわけです。

そこで、相当前から米国ではアサーションという自己主張自己表現の訓練をする方は浸透しています。アサーションとは、自分と相手を大切にする表現技法です。

自己主張を勘違いしないでください。コミュニケーションの潤滑油になります

自己主張というと、自分の意見をはっきりという、相手に負けない。と思われがちですが、米国では認識が違います。自分と相手を平等に大切にすることが求められている。コミュニケーション能力なのです。

この能力に長けている方は、日本でもどこでも相手と上手にコミュニケーションを取れます
もうすでに、この方法を取り入れられている方は、世の中で過ごしやすくなっています。

恋愛においても、必須です。
仕事も必須。

どの場面でも、人と人。人には、感情もあれば言葉もあります。どちらも大切にしていくことで、自分を豊かに表現しつつ、相手も大切にする

考えてみると、極当たり前のことなんですけどね。当たり前のことを当たり前にしていかないといけないのですね。アサーショントレーニングはダイエットと一緒、同じです。

時間を掛けてゆっくりとなんて言っているとすぐに元の自分の感情の反応の仕方で、物事を考えてしまいます。結局変わりません。

短期間で、一気に変えていくほうが高いのです。

 

短期間で自分を変える電話カウンセリング

短期間ですから、途中で自己嫌悪やストレスは、当然かかります。自分自身を否定されたような気にもなるかもしれません。

最初のうちは、自分の考えていることの真逆をしなければいけないのか?と感じることもあるのですが、少し目線を変えることなのですが慣れていないと、ほんの少し目線も変えることができないのが人間です。少しの変化が、真逆にしなければという意識なほど大げさに感じるかもしれません。

この瞬間は相当な葛藤が生まれます。しかし、ここを乗り越えないと、自分は変えられません。

実際に判ってくると、真逆ではない、ほんの少しのことに気づいていなかったとわかるようになります。自分を変えれる期間は、個人差があります。

わずか、1時間の電話カウンセリングで出来た方も大勢いらっしゃいます。

知らなかっただけでやり方を知れば、わかる人も大勢いらっしゃいます。

自分を変える為に、電話カウンセリングはうってつけです。きっとあなたは、変われます。

f410e1c0c8a651014b4e6a7e577d2920_s

いや、変わらなきゃいけないと、あなた自身が思っているわけですよね。
でしたら、いますぐ変わりましょう!

あなたは、必ず変われますよ。ここまで読んでいただけたから。
あとは、電話カウンセリングからの実戦あるのみです!

悩み相談所のトップページには様々な活動内容をご覧いただけます。ぜひ、ご覧ください。